キャッシングを上手く活用すれば、生活が非常に助かるとの話を聞き、初めて自分もキャッシングサービスを受けたいと考えています。やはりこういうのは、大手の会社が安心できるので、有名なプロミスからお金を借りたいと思っているのですが、少し心配なことがあります。キャッシングを受けるためには審査に通る必要があると聞きました。

私は最近転職したばかりで、まだ3ヶ月ほどぐらいしかその職場で働いていません。やっぱり、勤務年数が低いと審査に不利になってしまうのではないかと心配です。プロミスの審査でも、勤務年数を重視して聞かれてしまいますか?

勤務年数はキャッシングの審査で必ず聞かれます

プロミスに限らず、審査ではキャッシング希望者の勤務年数は必ず聞かれます。勤務年数が審査に大きく響くかどうかは、キャッシング会社によって審査の基準が違いますが、やはりお金を貸す側としては安定した収入のある方に融資したいものです。

1つの職場で勤務年数の長い方は収入が安定していると考えられますから、勤務年数が長いことに越した事はありません。最低でも1年以上働いていれば、審査にも有利に働く勤務年数になるでしょう。

確かに勤務年数が長い方が審査に有利ですが、プロミスでは勤務年数はこれといって設定されていません。安定した収入のある方を重視している傾向があるので、勤務年数が短くとも、収入が安定していればキャッシングを受けることが出来る可能性があります。

【参考ページはこちら】
勤務先が変更になったらプロミスに連絡するべき?

勤務年数確認はプロミスで行われることがあるか

プロミスはSMBCコンシューマーファイナンスとなって生まれ変わってさらに利用者目線に注目するようになった消費者金融です。古くからある消費者金融ですが、どのカードローンもキャッシング・サービスも利用者目線で使いやすいと好評です。好評な点の一つに簡単な申し込みがあります。

申し込みについては書類を書いて申告するのが一般的ですが、パソコンやスマートフォンなどを使ってインターネットから申し込めるなど便利に簡単に申込む方法を日夜研究している会社でもあります。プロミスの申し込みは簡単と言われていますが、審査時に勤務年数確認があるのか気にしている方が多いようです。

結論から言えば、審査での職業や勤務年数は重要なファクターではなくなりつつあるということです。現在のキャッシング・サービスやカードローンの審査では所得と他からの借入が重点的にチェックされますが、職業についてはあまりチェックがされないようです。

そのため、以前はサラリーマンなののように月給制でないと審査に通らないと言われていたカードローンやキャッシング・サービスが、パート・アルバイト、主婦、学生などでも審査が通る事が多く、また、個人事業主や年金生活者などローンの審査はいろいろな条件でまず通らないと言われていた方々もカードローンやキャッシング・サービスが利用できるようになっています。
(⇒プロミスの審査と職業に関するおすすめ記事

そのため、勤続年数についても収入に合わせたカードローンの利用限度額となるので問題ないことが多く、転職された場合でも転職先で給与が出ていれば問題なく利用できるようです。また、転職の場合、契約が打ち切られると心配される方も多いのですが、申請すれば転職先の給与等も考慮されるので契約は続行されることが多いようです。

プロミスのカードローンやキャッシング・サービスは職業や勤続年数に関係なく、また、所得に応じた利用限度額が設定されるサービスですので、必要ならすぐに気軽に申し込むことをオススメします。