ブラック入りしてしまったようです。プロミスの審査を通過するのは難しいでしょうか?

いいえ、大丈夫です

他社からの支払いに滞納があった場合や踏み倒しがあった場合、信用情報機関に掲載されてしまいますが完全に借入ができなくなるわけではありません。プロミスでは最初の借入上限を5万円(場合によっては10万円)程度に設定し、返済状況など様子を見ながら数ヵ月後に借入額を増額できるという仕組みとなっています。

ブラックでもプロミスなら借りれたという人が多いのはこういったプロミスの制度から出た話ではないでしょうか?プロミスはその人の金銭感覚や資金繰りを見ながら問題ないようでしたら融資を行います。

ブラックだからと先入観を持って接することはありません。ただし大きなお金のトラブルや事故があった場合は難しくなる場合もありますので、まずはフリーダイヤルに電話するのをオススメします。

なお、審査を受けるためには本人確認書類として運転免許証や健康保険証、そして収入の証明として直近2ヶ月の給料明細や源泉徴収票の提出をお願いしてます。収入があればどなたでも借入ができ、借入も返済も自分のライフスタイルに合わせてコンビニや窓口で行えます。

ポイントを貯めてそのポイントによりコンビニでの借入(引き出し)手数料が無料になるなどのサービスもあるので、とても便利ですよ。まずは審査を受けてみるのをオススメします。(こちらもご参考に→プロミスの審査に関するおすすめ記事

初回借入の場合は30日間利息無料というとても有名なサービスもありますので、こちらもぜひお見逃しなく。

プロミスならブラックでも審査に通る、という噂あり

プロミスはブラックでも審査に通る、という妙な噂があります。本当でしょうか。良く見てみると、アコムにもアイフルにも、その類の噂はあります。誰が流している噂なのかは分かりませんが、そのような事実は、通常考えられません。何かの間違いである可能性が高いでしょう。

間違いの代表的な例は、自分をブラックだと信じている人の存在です。他人に話すために、少々大袈裟に言っているのでしょう。かつて借入をしていて滞納が著しく、取り立ての電話を何度も貰ったことのある人や、家賃を何か月も滞納したことのある人や、水道光熱費等の公共料金の滞納が著しくて、サービスをストップされた経験のある人などです。このような人たちは、ブラックという定義を知らないのです。

しかしながら、そのような人でも、大きな金融事故、例えば裁判所を経由した正確な意味での自己破産などをしていない限り、信用情報には大きな傷はつきません。しかも、特にクレジットを使っていなかったり、携帯代はきちんと支払っていたりすると、場合によっては、信用情報機関の登録情報としては、実に健全な人である可能性があります。

そうなると、プロミスはもちろん、アコムでもアイフルでも、東京三菱UFj銀行でも三井住友銀行でも、どこでもカードローンの審査は通るでしょう。ブラックでも審査に通った、とする人の大半はこれです。(こちらもご参考に→プロミスとアイフルのキャッシングを徹底比較!

もし本当にブラックなのにプロミスなどといった大手消費者金融の審査を通ったならば、それは特例でしょう。特例というのは、たとえ信用情報に大きな傷がついていたとしても、現在はまじめに安定収入のある仕事をしており、かつ他社への返済もすべて済んでいて、返済になんら問題はないと個別で判断された場合です。

個別の判断というのがあるのかどうかという議論がありますが、少なくとも中小の消費者金融においては、詳細に個別判断をする良心的な業者もありますので、大手でもないとは言い切れません。破産をして、翌年大きなビジネスを立ち上げて、また世の中に再浮上する敏腕経営者も実際にいます。特別な例と認められる場合には、個別の審査があっておかしくありません。

【参考ページはこちら】
プロミスならブラックでも審査に通れる?