最近よくプロミスのキャッシングサービスを受けています。お金を借りる前は周りの人達に借金していることがバレるんじゃないかとヒヤヒヤしていましたが、そんなことも無く現在は利用させてもらってます。

もっと有効に利用できるんじゃないかと思い、調べてみたところプロミスには代ふりというサービスがあることが分かりました。この代ふりとはこちらに何の利点があって、一体どのようなものなのでしょうか?

プロミスが代わりに指定した口座へ本人名義で振り込んでくれます

代ふりとは正確には振り込み代行サービスと呼ばれるもので、プロミスが代わりに指定したどの銀行口座であっても振り込んでくれるものです。用途は様々で、家賃や公共料金の支払いや他のキャッシング会社への返済の振り込みにも使えます。

プロミスの利用者の本人名義、または利用者の家族の名前でも振り込むことが出来ます。もちろん、振り込まれた側は、プロミスが振り込んだということは分かりませんから、借金をしていることを知られたくない方にも安心して利用できるサービスです。

これだけ聞くとあまり代ふりにメリットを感じないかもしれませんが、この代ふりサービスを受けることで最も分かり易い利点は、指定口座に振り込む際の振り込み手数料が無料だということです。これを上手く利用すれば、毎月の支払いに起こる余計な出費を抑えることが出来るのです。振り込みの手数料は積み重なれば馬鹿にできませんから、支払い先が多い方には特に有効なサービスと言えるでしょう。

【参考ページはこちら】
プロミスのカードローンはどんな評判?

借り替えにはプロミス代ふりが便利でしょう

複数の貸金業者から借入をしている場合、その借金を1本化する事は様々なメリットとなります。その中で最もメリットと言える事は金利が安くなる事です。少額の借入れでは18%程の金利が掛かりますが、100万円以上の借り入れ金になると金利は15%以下となります。これは利息制限法によって決められているので、何処の会社からお金を借りても同様となります。

利息制限法では、その人の年収に対して1/3を超える金額を借り入れ金の上限とする事になっています。例えば年収600万円ある方ならば200万円までしか借入をする事が出来ません。勿論この借入には住宅ローンや車のローンは含まれてはいません。目的の無いフリーローンの借り入れがその対象となっています。

金融商品には「おまとめローン」という借り替えの為のものがあります。消費者金融では前述のように利息制限法により年収の1/3を超えるお金を借りる事は出来ませんが、借り換えをする事が出来るようになっています。

例えば消費者金融会社のプロミスでは「おまとめローン」の金融商品の取り扱いがあります。年収600万円である方が複数の他社借入れがあった場合には、それをまとめて1つの借金とする事が出来ます。この場合のケースでは既に複数の会社から合計で200万円を借りていて、プロミスで借り替えをしたい時には通常のフリーローンでは借入れできません。
(⇒プロミスのおまとめローンは支払いのみで借りられない?

それでも、おまとめローンを利用する事で200万円を超える借入となっても借り替えをする事が可能となっています。それがおまとめローンを利用する大きなメリットと言えます。プロミスで借り替えをするメリットとしては、プロミス代ふりが出来る事です。

通常のおまとめローンの場合では他社へ返済をするお金が振り込まれ、そのお金で各自でそれぞれの借入れをしている会社へ支払いをして借金を完済します。それでも同じ作業を複数の会社へ行う事はとても面倒である上に、せっかくの完済の為のお金を他の事に使ってしまうという事が無いとも言い切れません。プロミス代ふりはそんな事を回避出来る便利なサービスと言えます。