新しい車を買って車の代金は無事にローンを組むことができたのですが、中のインテリアやエクステリアに必要なものを買い揃えているといつの間にかお金がどんどんと減ってしまいました。

そこでカードローンでのお金の借り入れを考えているのですが、プロミスでお金を借りるにはどのようにしたらいいのでしょうか?プロミスで借りるほうほうを教えてください。

申し込みの方法にはいろいろなものがありますよー

車に限らず、何でも新しいものを買うとそれ以外の出費も増えてしまいますよね。そんなときにカードローンはとても便利!今回、カードローンを考えているのも自然な流れで、どんどんカードローンを作ってお金を借りたら良いと思います。今回に限らず今後もカードローンを作っていれば何かの時に役立ってくれることは間違いなしでしょう。

さて、プロミスのカードローンの申し込みですが、いろいろな方法があります。最近の主流であるインターネットからの申し込みをはじめ、旧来の電話による申し込み、そして窓口での申し込みとその方法には様々なものがあります。どの方法でももちろん審査などに違いはありませんが、やはりできるだけ早く借りたいと考えているのであればインターネットや電話での申し込みが良いでしょう。

申し込みをするときには必要な書類もあります。これらの書類はあらかじめ準備しておくことが良いでしょう。まず、必要なのは身分証明書です。これは一般的には運転免許証ですが、運転免許証が無いようであれば保険証やパスポートでも単独で身分証明書として利用することができます。最低限、の必要なものと言えば、申込書と身分証明書、この二つで申し込みすることは可能です。

もし仮にプロミスで借りる金額が50万円を超えたり、他社との借り入れ合計額が100万円を超えるようであれば申込書と身分証明書のほかに収入証明書が必要になります。しかしこれはサラリーマンであれば年末に手元に届く源泉徴収票があれば良いだけです。最も書類が多い人でも申込書、身分証明書、そして収入の証明の三点で申し込みが可能です。

もし仮に、就業間もなかったり転職していたりして源泉徴収票がなかったとしても慌てることはありません。プロミスでは給料明細を提出することでも収入を証明することが可能です。もしも申し込みの段階で不安や疑問を感じた時にはすぐにコールセンターを利用しましょう。どんな疑問にも答えてくれます。実際に使うかどうかは別にしても、申し込みの段階では電話連絡先を確認しておくことで安心して申し込みをすることができます。

【参考ページはこちら】
プロミスと三井住友銀行って何か関係があるの?

プロミス借りるほうほうについて調べてみた

プロミス借りるほうほうはいくつかありますが、手軽なのはカードローンやキャッシング・サービスを申込む方法です。担保を設定して借りる方法もありますが、無担保無保証人で契約するカードローンやキャッシング・サービスをオススメします。

カードローンの審査については収入と借入状況が主な審査対象となります。消費者金融の場合、現金を貸し出す際に総所得の3分の1を超えては貸し出せません。そのため、所得が複数ある場合は一番高い所得だけではなく、総所得を申請することで利用限度額が上がることが期待できます。

また、他からの借入が多い場合は審査に不利になることがありますが、法律での制限である総所得の3分の1を超えていなければ借りられる可能性はあります。

借入申請の際気を付けておきたいポイントとして、借入状況があります。借入状況は借り入れ額と借入件数です。借入状況は自己申告ですが、消費者金融や金融機関が共同運営している情報管理会社のデータを申請人の承諾を得て取得して審査に利用されますので、自己申告は出来る限り正確に申告することが重要です。

借入状況で問題視される事が多いのが借入額ではなく、借入件数です。借入件数は月々の返済に強く影響することが多いのですが、申請時に気にされる方が少ない項目でもあります。

借入件数については、例えば、100万円を借りた場合に、1件で借りたなら5万円の返済が、10件で借りたなら10万円になることも少なくなく、法律での制限には余裕があるはずだと申告しても審査に通らない場合に借入件数が問題になった可能性も低くありません。

借入件数はおまとめローンなど小額ローンをまとめて返済するローンを利用することで減らすことが出来ますし、月々の返済が減りますので生活にも余裕が生まれます。

プロミスを含め、カードローンやキャッシング・サービスを申請する際には収入と借入額のバランスと借入件数についてもチェックすることが重要です。