専業主婦をしていますが、主人の稼ぎがあまりにも少ないのでカードローンを利用してお金を借りようと思っています。いろいろなカードローンを検討した結果、プロミスというカードローンを見つけました。

銀行のグループ企業ということなので、安心して借りることができそうなのですが、審査に不安を感じています。プロミスは主婦でも審査してもらうことは可能でしょうか?また、主婦でも審査には通りますか?

主婦でも申し込みはできるし、もちろん審査にも通ります

もちろん審査の結果100パーセント審査に通るというわけではありませんが、特に家族に秘密でカードローンを申し込まなければなかったり、ご主人に借金があって返済状況が良くなかったりするようなことがなければ審査に通ることはできます。しかし、今の現状を考えると、カードローンを借りるのにもっと効果が高くなる方法もあります。

その方法とはまずは専業主婦ではなく、兼業主婦になることです。一時期のアルバイトで構いません。短時間、短期間アルバイトをして、その期間中にお金を借りれば専業主婦の借り入れには該当しません。専業主婦だと年収の確認や借り入れの手続きなどすべての段階で収入のあるご主人の書類が必要になります。家計を助けるための借り入れなのに、ご主人負担をかけることにもなりかねません。
(⇒コンビニでバイトしている主婦でもプロミスで借りられる?

自分が働いて収入を得ていれば、すべての情報や書類を自分自身で準備することができるようになります。この方法であればご主人の手を煩わせることもありませんし、今までご自身での借り入れが無いのであれば、ほぼ確実にお金を借りることができるでしょう。専業主婦での借り入れよりも

自分が働いていれば収入の手助けになるので、もしかすると働くことで新たな借り入れは必要なくなるかもしれませんし、もし借り入れを行っていたとしても返済を短期間で終わらせることができる可能性は高まることは間違いありません。ご家庭によってはどうしても働きに出ることができないような場合もありますが、今では自宅でできるような仕事もたくさん見つかります。

自宅で仕事をしてしまえば、立派な自営業者としてお金を借りることも可能です。しかし、この場合には勤めている場合と比較するとやはり若干借りにくくはなるでしょう。アルバイトでもパートでも、固定の収入があるとなるとそれだけでカードローンは格段に借りやすくなります。専業主婦でももちろん借りることは可能ですが、借りる時の手続きの煩雑さや手間、そして借りることのできる金額を考えると仕事をしている主婦のほうがお金は借りやすいのです。

【参考ページはこちら】
専業主婦でもお金を借りたい方におすすめのプロミス情報

プロミスならパート主婦でも申し込み可。ただし審査が必要

かつて、お金を借りるというと、住宅ローンや事業ローンなどの大口資金か、もしくはサラ金と呼ばれる方法がイメージされました。

一般的なイメージでは、前者は良い借金、後者は悪い借金、というところでしょうか。後者のイメージは、法外な金利を設定してきて、給料から何から何まで怖いお兄さんに吸い上げられる、というものでした。実際にそれに近い、もしくはそれを越えたような事例が多発して、サラ金地獄などといった流行語も誕生したほどでした。

そして現在は、第三の借金の形と言えるでしょうか、カードローンというものが一般的になりました。これまでの借金と言えば、通常は借りる金額を決めて、これを全額振り込んでもらい、その後、元本に金利を付けて月々分割で返済していく、というものです。

カードローンは、借りられる上限額だけを決めて、あとはその範囲内で、いつでも、何回でも自由に借りられる、というものです。上限額を設定したからと言って、必ず借りなければならないというものでもありません。借りなければ金利も返済も生じません。

カードローンは、銀行や消費者金融から出されている新たな借金の形式で、主婦や学生アルバイトでも申し込みが可能という触れ込みになっています。例えば、大手の消費者金融であるプロミスの場合、本人に安定収入があれば、申し込みは可能となります。

よく勘違いされるのが、パートやアルバイトは安定収入とみなされないのでは、という点です。一般には安定収入とみなされない可能性がありますが、カードローンの世界では、収入の額を問わない、文字通りの安定収入を指すため、例えばパートで毎月6万円の収入が安定的にあるといった場合には、安定収入ありとみなされます。学生アルバイトも同様です。(こちらもご参考に→学生じゃないとウソをついてプロミスに申込んだらどうなる?

ただし、申し込みができたからと言って、必ず契約できるわけではありません。仮審査、本審査と2段階のフィルターを通過できれば、借り入れが可能となります。本審査を通過した人には、その収入に応じた無理のない借入限度額が提示されます。この限度額の範囲内で、いくらでも借りられる、といったものなのですね。