借り換えを検討しています。プロミスの年率はどれくらいなのでしょうか?また返済方法についても知りたいです。

借入利率4.5%~17.8%です

利用金額×利率÷365日×利用日数という計算方法で利息を計算できます。これはフリーキャッシングの場合ですので、それぞれのプランによって利率は変わります。

現在他の消費者金融から借入がある場合、一番便利なのは複数社からの借入をプロミスに一本化するおまとめローンです。その場合利率は15%程度となる上、複数社に対して利息が発生していたものがひとつになります。

年収の3分の1を超える総重量規制を超えた借入がある場合は特にプロミスにまとめることをオススメします。段階的に残高が減っていくので今までよりも楽に返済することができます。

なおかつ複数社へそれぞれの指定日に返済していたものが毎月1回の返済となるので、不安や心配も軽減されますよね。返済方法もインターネットバンキングを利用した返済だと24時間返済が可能です。

もちろん口座振替で毎月の残高を自動引き落としできたり、窓口へ行けば返済方法を相談しながら返済できます。繰上げ返済をしながら利息の節約をしていくのも上手な借入のコツですよね。

年率や借入限度額は申し込み時に決まるので、まずは手元に本人確認書類(運転免許証や健康保険証など)と所得の証明(直近2ヶ月の給料明細や最新の源泉徴収票)を用意してフリーダイヤルに電話をしてみてください。

プロミスの強みは何と言っても対応の早さです。初回の借入だと30日間利息無料という便利で有名なサービスもあるので、こういったお得な返済方法を活用しながら上手な借入をしましょう。

【参考ページはこちら】
プロミスの悪い噂ってホント?

プロミスの年率はどれくらいと考えていれば良いのか

金融機関から借り入れを受けるときは、利息をつけて返済しなければいけません。金融機関の年率は、各会社によって異なります。そのため、借り入れを受けるときは、年率をよく比較して、なるべく低い会社を探して借り入れをするようにしたほうが良いでしょう。

会社の中には、初回に限り30日間無金利キャンペーンを行っている会社もあるので、初めて借り入れを受ける人は、そのようなキャンペーンを利用してみるのも良いのではないでしょうか。

プロミスは、安心して借り入れができる会社として人気があります。このプロミスで借り入れを受けると、どれくらいの年率がかかるのでしょうか。プロミスの年率は、4.5%~17.8%と提示されています。この範囲内で、借り入れをした金額や返済までの期間などによって利息が変わってきます。

数万円の少額融資ですぐに返済した場合は、大きな利息がかかることはありません。休日に借り入れをして、月曜日に返済をすれば、休日にかかる銀行ATMの手数料よりも利息のほうが低い場合があるので、少しでもお得に金融機関を利用したいと思っている人の中には、銀行を利用するよりも、借り入れを利用するという人もいるようです。

借り入れをした金額が大きければ大きいほど利息も高くなるのではないかと思っている人もいるようですが、借り入れ金額が大きいほど金利は低くなるので、安心して借り入れを受けることができます。

借り入れを受けるときは、いつ返済すればどれくらいの金利がかかるのか、ということが分らないというときは、返済シュミレーションをしてもらえば、かかる金利を返済額が簡単に分ります。
(⇒プロミスのキャッシングは低金利?

自分で計算をするときは、プロミスの利息は、利用した日数分だけ返済する日数計算式になっているので、利用した日数と年率を確認して自分で計算することもできます。返済金額と利息は、しっかりと把握しておいたほうが良いので、分らないときはきちんと確認しておくようにしましょう。