住宅ローンを利用してマンション購入に充てようと思っていますが、今現在消費者金融からの借り入れがあり、審査に通るかどうか心配です。消費者金融からの借り入れが住宅ローンの審査に影響することはありますでしょうか?

借りている消費者金融はプロミスのカードローンです。プロミスからの借り入れがあると住宅ローンの借り入れ審査に影響があるかどうか、そして影響があるようであれば他のカードローンに借り換えることで影響をなくすことができるか、教えてください。

影響があるかどうかは借りている金額によっても変わってきます

それほど大きな金額を借り入れていない限り、住宅ローンの借り入れにプロミスのカードローンが影響することはありません。しかし、これはあくまでも一般的に考えて問題がないと思えるような金額の場合です。いくらプロミスの借り入れが少ないとしても、ほかのカードローンでも借り入れをしていてその金額が大きくなっているようであれば、借り入れが難しくなることもあります。

また、金額がそれほど大きくなかったとしても、もし過去に支払いの遅れがあるようであれば審査はより一層厳しくなります。さらにその支払いの遅れっが数か月に渡っていたり、何度も発生しているようであれば審査に通るのはより一層厳しくなることでしょう。他社でのカードローンの借り入れが直接的な住宅ローンの審査に通らない理由になることはあまりありませんが、支払いの遅れは審査に通らない理由に直結すると思って良いでしょう。

では、金額の大小はどのように判断したらよいのかと言うと、今では一般的な目安として年収の三分の一というのが指標になっています。年収の三分の一を超えるような金額の借り入れがあれば、それは新たなカードローンなどの借り入れが難しいというだけではなく、住宅ローンの審査に於いても少なからず影響を受けると言えるのです。

できるだけ住宅ローンに影響を及ぼさないということを考えるのであれば、まずはその他のローンが一切ない状態にしてしまうのが最も良いと言えます。しかし、そう簡単に即座に返済できるものではありませんし、また、今すぐ全額返済したとしても今まで借りていた履歴が消えてしまうわけではありません。

結局はありのままの今の状態で申し込むしかないのです。そしてそれでだめなのであれば、自分で何かを改善できるということは少なく、ただ、数年間のうちに自分の信用情報を好転させて、再度住宅ローンに申し込むしか方法はありません。

【参考ページはこちら】
プロミスの借り入れ・借金に関するおすすめ記事はこちら

マンション購入住宅ローンの審査とプロミスのローン

借入には事業者向けと、事業者以外の人=消費者向けのものがあり、消費者向けのローンを消費者金融といいます。

そのため広い意味ではマンション購入などの住宅ローンも消費者金融の一種ですが、一般的に消費者金融といった場合はより狭い意味で、プロミスなどの無担保、資金使途の制限もないローンを指すことが多いようです。

住宅ローンの審査の際には、借入れを申し込んだ本人の返済能力を計る必要があるため、年収と他社債務の申告が必要です。いわゆる前記の、せまい意味のほうの消費者金融、無担保ローンの利用があっても、都市銀行の子会社であり、自動的に住宅ローンの審査が通らないということはありません。

また、審査においては収入と他社債務のほかに、クレジットヒストリー=信用履歴も着目されます。クレジットヒストリーとは、借りたお金を約定通りに返済してきた記録であり、クレジットカードやカードローンを遅滞なく返済することで築かれてきます。

住宅ローンをいくら借りられるかは、年収に対する返済負担率で、年間いくらまで借り入れの返済が可能か、他社借り入れがある場合は、返済可能額から他社借り入れの返済分を引いた残りが、住宅ローンの返済に充てられるお金と考えます。

一般に住宅ローン以外の借り入れは、自動車で最長5年程度、無担保ローンでは期間の定めはなく、枠内で借り入れと返済を繰り返すことができますが、住宅ローンほどの長期間を想定はしていません。

そのため、マンション購入を思い立って、借入可能額に余裕がない場合は、自動車ローンや無担保ローンの完済を条件に、その分頭金を減らして住宅ローンを増やす方法もあります。

自動車ローン100万円、無担保ローンが100万円あって、頭金として300万円用意して、3000万円の住宅ローンが通らない場合、他社借り入れを完済して、頭金100万円、住宅ローン3200万円なら通る可能性もあり得ます。その場合にも、これまで他社借り入れで築いたクレジットヒストリーもアドバンテージの一つになるでしょう。