長い間少しずつコツコツと支払いを続けてきたプロミスのカードローンの支払いが来月完了します!毎月銀行振込で返済をしているのですが、次の最後の返済の支払いには端数があるようです。

この端数はどこの時点の端数を支払えば良いのでしょうか?支払日時点で残りの端数を確認して支払えば問題ありませんか?結構頻繁に利息が加算されているようなので、直前の金額を確認してからじゃないといけませんよね?

まずは最後に支払う日を決めて、プロミスに連絡しよう!

まずは完済おめでとうございます!どのくらいの期間支払いを継続したかはわかりませんが、たとえ短期間であっても借金の返済は決して楽なものではありませんからね。これからは一層余裕も出てくるでしょうから、返済分を自由に、有意義に使ってくださいね!さて、本題ですがカードローンの利息は毎日発生します。この利息を支払うためには必ずカードローン会社への連絡が必要であると思っていてよいでしょう。

カードローン会社の残高を確認しても、それはあくまでも前日までの金額です。つまり、昨日までの利息を含めた金額が表示されているに過ぎないのです。これはどういうことかというと、今日の利息は計算されていないということになります。前日までの金額を確認して今日支払いを行えば、確かに完済したと思っていても今日の利息分の金額が来月に持ち越されるということになります。

では、来月になるとどうでしょう?残った一日分の利息にまた30日分の利息が加算されます。確かに金額は小さくなってはいますが、利息が加算されたものが残高として残ることになるのです。そしてもちろん来月その残高を支払ったとしてもその支払った金額は支払日前日までの残高です。これを繰り返していくと理論的には一生支払いを継続していくことになります。

このような状況を避けるためには、消費者金融業者に最終返済であることを連絡して必ず詳細な金額を確認する必要があります。これを行わずに支払いを継続していると、少額とはいえ無駄な金利を何度も支払うことになるでしょう。カードローンに限らず分割で支払いを行う場合には、最終返済を行うときに必ずその残高を確認する必要があるのです。

実際にもし仮にこの連絡を忘れていたからと言って実際に一生金利を払い続けなくてはいけなくなるわけではないので心配はいりませんが、少なくとも無駄な支払いが生じてしまうことは紛れもない事実です。できればきれいにスッキリと終了させたいと思うのは誰でも同じことでしょう。そしてできるだけきれいにスッキリ終わらせるためには、事前の連絡が必ず必要であると思っておいて良いでしょう。

【参考ページはこちら】
プロミスの代ふりサービスって何?

プロミスの支払いを銀行振込でしたときの端数は

プロミスは、消費者金融の中でも大手で安心して利用が出来るキャッシング会社です。

申込もインターネットから24時間、365日出来るようになっていますし、審査もとても早く、条件次第では即日融資も可能になっているので急な出費が必用になったときには大変助かります。
(⇒プロミスなら即日融資もできるってホント?

プロミスでの返済方法には、一括返済とリボ払いの分割払いがあります。通常、少しでもお得に借りて返済するなら、一括返済をした方が良いです。一括返済をすることで、かかってくる利息も少なくてすみますし、一回で済むので今後も借りやすく、更に借金の負担もなくなります。

ただ、一括返済は負担も大きいので、金額的に余裕があるときに利用するのがお勧めです。例えば、最初は分割払いをしていて残高が少なくなってきてから、一括返済をすることも出来ます。

プロミスでは日割りで利息がかかってくるので、一日でも早く返済していけば総額の返済額が少なくなります。返済は、色々な方法がありますが最も手軽で簡単なのがインターネットからの返済です。この方法では、問い合わせなども必要なく、時間のあるときに直ぐに返済することが可能です。

ネット環境がなかったり、ネットの会員でない場合は、コールセンターに連絡をして、残高の確認をしてから、銀行振込や店頭の窓口で支払う方法になります。提携のATMで一括返済をすると、1000円以下の端数は振込が出来ないので、結局銀行にまで行く必要があります。また、手数料もとられてしまうので、それよりも最初から銀行振込か窓口へ行った方がいいでしょう。

出来る限り、借りた金額以外の利息や手数料などの負担は少ない方がよいですから、返済のときも最もお得に返せる方法で返済していった方がよりお得になります。残高を一括返済するときには、利息の分が一日ごとに代わってくるので、支払う前には必ずコールセンターなどに連絡をしてから残高の確認をしてから返済するようにしましょう。少しでも早く、手数料のかからない方法で返済するのが最もおすすめな返済です。