プロミスさんに融資をお願いしようと思っていますが、借りすぎの状態であった場合審査が通りにくいとききました。借りすぎの状態ではプロミスさんではお願いできないのでしょうか?審査は割りと甘いほうだという噂も聞きます。本当のところ大丈夫なのでしょうか?

返済後半年経ってが望ましいけれどまずは相談して

借りすぎが多いのはプロミスに限らず良い印象を与えないのは事実あるでしょう。お金の収支を考えたときに、毎月の収入が一気に増えることはボーナス月とかならともかく、通常ではあまりありえません。そんな中借りる金額が増えて、返済金額が高額になるほどにやがて返済は難しいことになってしまいます。(こちらもご参考に→プロミスの最終返済で端数が出たら?

基本は借りている状態で次にまた借りることのないよう計画的にすすめていきましょう。借りすぎを防ぐには融資を受けて返済が終わり半年以降が望ましい。

どうしても必要となってしまった場合は、一人で決めずまず周囲に相談をするところからはじめ、それでもどうしてもの場合融資という形を受ける場合でも返済トラブルにならないように十分注意が必要です。

使いやすい・便利に借りられるものは借金を増やす行為に繋がってしまう場合も見受けられます。折角柔軟に対応してもらえ便利に使うことのできるものを誤った利用の仕方で苦しむ結果になってしまうことはとても悲しいことですから、プロミスだけではなく融資を受ける場合は、よくよく考え収支や返済計画などを確認の上すすめましょう。

また借りている金額が少ないほど融資へのハードルは低く融資してもらいやすくなりますから、多重に借金はしないことが大切です。
(⇒プロミスの借り入れ・借金に関するおすすめ記事

プロミス借りすぎなければ便利に使う事が可能です

急に現金が必要になった時などに便利なのが、カードローンやキャッシングです。ただ、利用すると、必要な利息をつけて返済をする必要があります。ですから、便利だと分かっていても、実際に利用する事をためらう人は少なくないでしょう。

特に、消費者金融などの場合、利息がとても高いというイメージを持つ人は少なくありません。ただ、出資法の上限、29.2%を採用する、いわゆるグレーゾーン金利が横行していた一昔前とは違い、現在では、最高でも20%と金利が定められています。有名な消費者金融の一つ、プロミスでは現在、借入の実質年率は4.5~17.8%となっています。

この最大の17.8%というのは、1年後に返済した場合に必要な金利で、それよりも短い期間で返済をする場合、利息は日割り計算となり、更に少ない金額で済む事になります。消費者金融の利息はとても高いと考える人は少なくありませんが、早めの返済を目指せば、利息というのは想像以上に少なくて済むのです。

ただ、この際に大切になってくるのは、借入期間です。1万円を借り、1ヶ月後に返済をすれば1ヶ月分だけの利息で済む事になりますが、完済前に更に借り入れをし、完済までの期間が長くなる事になれば、それだけ多くの利息が必要となる事になります。ですから、借りたら早めの完済を心がける事で、支払う利息が少なくて済む事に繋がっていくのです。

キャッシングというのは、いつでも手軽に現金を手にする事ができる為、つい借り過ぎてしまうという人は少なくありません。何度も利用して、完済を遅らせると、それだけ多くの利息を支払う事に繋がっていきます。ですから、プロミス借りすぎなければ、高い利息に悩まされる事なく、便利にお金を借りる事が可能となるのです。

プロミスの公式サイトには、返済シミュレーションもありますから、現在の借入や今後の返済について等を確認しておく事がお勧めです。それにより、安心して利用する事が出来ます。

【参考ページはこちら】
プロミスで返済を滞納したら自宅訪問される?