金利の計算が苦手です。でも、自分で納得した形で融資を受けたいとおもっています。プロミスさんが金利20%の場合借りる金額によっても違うとはおもいますが、おおまかな金額だったり、金利が作用した場合どれくらいの支払いになるのか知りたいのです。何か良い方法はありますか?

計算苦手でも大丈夫プロミス返済シュミレーションがあります

プロミスのサイトにある、返済シュミレーションを利用されてはいかがでしょうか?これなら難しい計算も作業もいりません。必要な借入金額と期間・利率を入れてボタンをクリックするだけで、金額がわかります。

利率は20%と入力するだけの簡単作業しかも、自分なりにシュミレーションが可能になるため、不用意な借り入れはしないでいられますし、こんな金額になるなんて思わなかったとかお店の言い値のような不確かなこともなく安心して融資を受けることが可能です。

しかも何度シュミレーションしてもお金もかかりません。自分の手持ちの金額必要な金額が本当に必要なのかも冷静に見極めることもできます。しっかりわかることで、堅実に返済も可能でしょう。そうすれば増枠や他店への借り入れなんてことも回避につながります。

またしいては、他の利率との比較もできます。そんな中真摯に計算できる場所を設けてあるプロミスの安心感。自分達のいいように言いくるめるのではなく目でみて納得した形の融資になりますから、疑うことなく正直に向かい合うことができます。計算が苦手でも問題ない時代本当にありがたいことです。

【参考ページはこちら】
プロミスに関するQ&Aを分かりやすくご紹介

支払いを滞納するとプロミス金利20%になる

プロミスのカードローンの金利は、4.5%~17.8の低金利で融資を行っています。注目すべきは上限金利の17.8%です。同じ消費者金融業界の他社では、ほとんどの会社が18.0%の上限金利で融資を行っている中、プロミスはそれよりも0.2%低い17.8%でお融資をしてくれます。

わずか、0.2%ですが取引期間が長くなるとトータルで支払う金額に差がついてきますので、利息の負担が他の会社よりも軽減することができます。またインターネット(パソコン、携帯電話、スマートフォン)から申込みをすれば、来店不要で手続きができます。

インターネット上で手続きをすることができて、14時までに契約手続きが完了すれば申し込み日当日に銀行口座に融資金額の振込をしてくれます。急な出費に対応をしたいけれど、来店する時間がない人にとっては非常に便利なカードローンになります。

プロミスのカードローン金利は上限が17.8%ですが、プロミス金利20%になることがあります。これは、返済期日までに入金ができない滞納者にたいして20%の高金利がかかることがあります。

ただし、返済期日を1日でも過ぎたからといって17.8%からいきなり20%になることはありません。返済期日をすぎたとしても、金利は契約したいる金利のままです。20%は、悪質な滞納者とプロミスが判断し、今後契約通りの返済まで回復する見込みがないなった場合に遅延損害金として20%がかかることになります。そのため、何日遅れたら20%の金利がかかると決まっているわけではありません。

いつから遅延損害金20%がかかるかは、個々の取引状況によって違いますので、一律で何日目からと決まっているわけではありません。最悪の場合だと、一括で請求されることもあります。このうようにならないようにするためには、返済が難しい、返済日に間に合わないとわかった時点ですみやかに連絡をすることです。返済相談に乗ってくれます。