派遣社員での生活をずっと続けており、いまだ正社員にはなっていません。プロミスの申し込みに不安があり、正社員でない派遣社員の私が、借りられる申し込みの書き方教えてください。

派遣社員でも安心プロミスの申し込みの書き方ポイント

プロミスでは正社員だから借りられる・派遣社員だから借りられないということはありません。安定した収入があればそれにみあった融資をすることが可能になります。
(⇒派遣社員でもプロミスの在籍確認は大丈夫?

ですから途中で派遣社員から正社員になったとすれば、ボーナスが支給される分融資の金額に違いは出てくるかもしれませんが、申し込みについては誠実に正しく・正直に書いていただき必要書類がそろっていれば融資の確立はそんなに心配するほどではありません。

派遣社員の方だけでなく不安定といわれがちな契約社員であっても一定の収入があればプロミスでの融資は可能です。悩んで無理としり込みしているより、真正面まっすぐに相談していただけることで力になることも可能になるやもしれません。

一番の心配は、これだけの収入だと~は借りられないかもしれないからと、収入を誤魔化したりしないこと。借りられないことはショックかもしれませんが、現実生活を壊してしまうほどの金額を借りることはできません。

プロミスはちょっとの困りごとの後押しそんな感じでとらえるといいかも。返済にも無理なく楽しい毎日を送れる支援のおかげで不安なく過ごせる日々。安定した毎日のためのサポートにプロミスがある。ですから、そのためにも申し込み時は嘘偽りなく正直に申請ください。精一杯お力になれるようにがんばります。

【参考ページはこちら】
プロミスの審査と職業の関係についておすすめ記事

派遣社員のプロミス利用申込書の書き方について

プロミスは職業や年齢で利用者を選んでいないので幅広い方がキャッシング・サービスやカードローンを利用しています。その中でも派遣社員の方の利用が増えているようですが、利用申請書の書き方が派遣社員向けになっていないこともあり、分かりづらいと思われている方も多いようです。しかし、派遣社員でも他の職業の方と何も書き方はかわりません。

派遣社員の場合、派遣先との契約によっては準社員扱いになっていることもあるようですが、あくまでも所属している会社で申請をします。派遣先の会社名が大手だからよさそうだと書く方もいらっしゃるようですが、派遣社員は派遣元と契約しているので派遣元の社名が必要です。また、会社名が大手だからといって利用限度額があがったりすることはありません。(こちらもご参考に→プロミスで増額申請する時の注意点

職業や年齢に関係なくプロミスの各種カードローンやキャッシング・サービスは利用できますが、審査は収入と借入状況のバランスで判断されるようです。収入については、不定期や定額制ではない方も多いのですが、年収による審査が行われることもあります。月給制の場合は給料明細、年収の場合は確定申告書の控えや市町村が発行する所得証明によって審査は行われます。

そのため、職業や会社名、年齢に関わらず審査は進みます。借入状況については、自己申告の他に金融機関や消費者金融が共同で運営している個人の借入、返済状況を保管している情報保管会社から本人の同意を持って情報を引き出します。

収入と借入状況を元に審査が行われますが、消費者金融の場合は法律で所得の3分の1までに貸し出し可能額が制限されているため利用限度額は法律の範囲内で決められます。
(⇒プロミスは総量規制の対象?

また、プロミスの他のサービスの利用実績が無い場合は利用限度額に余裕があっても、申請初期は利用限度額を下げて設定することもあるようです。この場合でも、定期的な自動審査によって利用限度額が引き上げられることが多いので、最初は低い限度額でも時間とともに収入に見合った利用限度額に引き上げられることが多いようです。